水分補給を怠るとワキガの臭いが強くなってしまうので注意

ワキガになっている人は、どうしても水分補給を躊躇したくなる気持ちになるケースもあります。それは何故でしょうか?水を飲むと臭いが強くなりそうな気持ちになるからではないでしょうか?でもそれはイメージでは確かにその通りかもしれないが、実はそうではないのです。水分をとらないことが逆にワキガの臭いを強めてしまうことがあるので、注意が必要でしょう。

何故水分が不足するとワキガによる臭いがより強くなってしまうのか?というと、それはワキガの臭いの元となる物質の濃度が高くなり、臭いとして大きくなることが原因です。水分を獲ると、汗の中に混じる臭いの元が割合的に小さくなると思います。すると、当然臭いは弱くなります。逆に濃度が高くなると強くなります。濃度が高くなるというのは、汗に占める水分の割合の少なさによって起きることです。

水をとらないと、汗の中の水分それ自体が少なくなり、汗と一緒に出てくるワキガの臭いの元となる物質の存在感を増してしまうことになり、周囲に気付かれてしまうほどの臭いになってしまうことがあるということです。

特に汗が出やすいのは夏ですよね。この夏に水分を我慢するというのは別の意味でも危険です。身体に負担が大きすぎますから。今回紹介したように、ワキガの臭いを軽減したいのならば、水分はある程度摂った方が良いです。そうしないと、ワキガの臭いは強くなるし、水分欠乏によって倒れてしまいますし、体調を崩しやすくなってしまいます。

水分を我慢することは何のメリットもないということを声を大にして言いたいと思います。ワキガの人こそある程度の量は水分を摂る必要があるということです。ただ、水分量を増やすというのはその場しのぎの策でしかありません。今後、ワキガをきちんと治す根本的な治療が必要なのは言うまでもないので、放っておいても治るものではありませんから、今後はワキガについてはそういったことも考えていったほうが良いでしょう。

69b66d9ad7bf0a25d7dbd3d74ac1eeef_s

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)