ワキガ臭を抑えるために食事内容の制限がカギ

ワキガといいますのは、今くらいの時期が一番臭ったりするものではないでしょうか?このむしむしした感じの時が強く臭います。それは脇汗をかきやすいからだとは思いますが、ワキガで生まれてきたことは、あきらめなければなりませんが、現代は手術でもしてしまえばすぐに臭いなど消えてしまいます。

でも、なかなか手術に踏み込めない人って案外多いらしんですよね。保険とか効くかどうかはしりませんが、私はワキガですが、そこまで臭わないんです。といいますか、臭っていたのが臭わなくなったんですね。ワキガは皮膚のしたにある、アポクリン線と言うところから出る成分に問題があるらしいのですが、私は自分なりに感じたのですが、臭いというのは、食べものなどが原因でひどくなっていると思います。

例えば、夜や、深夜までお酒などを長くたくさん飲んだとします。当然そういう時は、脂っこいものを食べたりするのですが、よく朝になると、臭いがかなりきつかったように思えます。逆に、お野菜系の食事だったりしますと、そこまできつい臭いはしていなかったようなんですね。ですから汗の出方もそうですが。食事の内容で随分変化してくるのではないかと気づいたんです。

現在私はダイエットも兼ねてなのですが、一日一食断食をおこなっておりまして、1カ月くらいになりますが、食事は夕方飲みです。もちろん、夕飯はなんでも思いっきり食べています。お酒も飲んでいます。が、臭わないんです不思議と。これはおそらく、胃の消化力が高まり、食べものの分解力も高まったのではないかと考えます。もし、人間が何も食べないで生きれるならばワキガそのものも当然変化をおこすのではないだろうかとも考えだしています。

私の思っていることが、本当ならば、やはり、食事の内容、制限などでワキガはかなり抑えることが可能ではないでしょうか?素人の考えなのですが、どうしてもそのあたりが気になっています。現在、自分自身の臭いはかなり抑えられています。

010

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)