ワキガを抑えるために気をつけること

ワキガの原因は汗だと思っているかもしれませんが、実は雑菌が原因です。汗にはアポクリン汗腺からでるものとエクリン汗腺からでるものの2種類があります。どちらの汗も臭いはほとんどありません。
ワキガは汗に含まれる成分を雑菌が分解、繁殖してできます。エクリン汗腺からの汗は99%が水分ですが、アポクリン汗腺からの汗はタンパク質、脂質、糖などの成分を含んでいます。これらを雑菌が分解して臭いの原因になります。エクリン汗腺からの汗が蒸発するときに臭いが拡散して、全身が臭うようになることもあります。

ワキは雑菌が繁殖しやすい環境です。雑菌が好むのはジメジメしていて温度が36~37程度の環境です。ワキは閉じていることが多いのでジメジメしやすく高温を保ちやすい環境で、雑菌が繁殖するのに好都合です。

ワキガを防ぐには汗をこまめに拭き取ることが大切です。汗を拭き取ることで雑菌の繁殖が抑えられます。外出先では汗をこまめに拭き取りにくいと思うでの、通気性がよく汗を吸いやすい素材や速乾素材の服を着て汗対策をします。綿には吸水性があるのですが乾きにくい性質があり、化繊は乾きやすいのですが汗を吸いにくい性質がります。綿と化繊を混合した素材は両者のよいところを持っています。

制汗剤で汗を抑えることができますがおすすめしません。制汗剤は皮脂腺をつまらせてしまうからです。できるだけ汗を拭き取るようにしましょう。

脂肪分の過剰摂取は、雑菌のエサになる皮脂の分泌を促進します。ファストフード、揚げ物、肉類、スナック菓子など油を多く含んだ食品は控えるようにします。特に動物性食品に多く含まれる飽和脂肪酸は、皮脂分泌を活発にするので控えるようにしましょう。野菜や果物などには抗酸化作用があり、皮脂の酸化を抑えてワキガを抑える働きがあります。

お風呂に入ったらワキをよく洗って清潔を保ちます。ゴシゴシ過剰に洗うと乾燥し、潤い不足を補うために皮脂分泌が活発になるので、過剰に洗うのは控えます。柿渋エキスなどを配合したワキガ対策ようの石けんを使うのもおすすめです。入浴後はローションやクリームを塗って乾燥対策をします。

015

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)